KEARUS hair medical plus

発毛出来ずお悩みのお方は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus 発毛とはいったい?

発毛とはいったい?

AGA治療は保険適用外!?

AGA治療は保険適用外!?

みなさん発毛という言葉をしっかり理解されていますでしょうか?
当店が薄毛改善が初めての方、以前にクリニックや皮膚科などに行かれてた方、みなさんはどちらかに分かれるでしょうか?
どちらの方にも共通することは、薄毛に悩まれていることです。
しかし、髪が薄くなってきたのでとりあえず皮膚科やクリニックに行かれた方も多いのではないでしょうか?
通い始めるときに、しっかり目的を持って行かれましたか?
薄くなった髪をそれ以上薄くならないように現状維持させるため、今ある毛を太くするのが目的であれば、場所は選ばなくてもよいかもしれません。
しかし、多くの方の目的が毛がなくなってしまったところにもう1度毛を生やしたいという想いです。
ここで発毛という言葉をしっかり理解していただきたいです。

発毛の言葉の意味を理解していただく理由

発毛の言葉の意味を理解していただく理由としては、
発毛とよく似た言葉に育毛という言葉があり多くの方が、発毛と育毛をを同じように理解されている方がとても多いためです。
「発毛」と「育毛」はまったく別です。
「育毛」とは、今ある髪を育てる。その字の通りであり、生えている髪の毛に働きかけます。今ある髪の毛が細かったり、切れやすくなっていたり、枝毛があったり、抜けやすかったり、と今ある毛を元通りの太くて長い毛にしていくことが育毛になります。育毛をどれだけ長期間続けても、抜け落ちてしまった毛は生えてきません。
「発毛」とは、抜け落ちてしまった毛根からもう一度毛を再生させることです。つまり発毛は、抜け落ちてしまった生え際や頭頂部の毛根から再び、自分の髪の毛を復活させることができるのです。発毛であっても、今まで毛が生えていなかった毛根からは毛を生やすことはできません。

発毛、育毛の違い

多くの方が混同しやすい「発毛」と「育毛」ですが、大きな違いが生じていることを知りましょう。
今ある髪の毛を現状維持させたい。抜け毛や毛が細くなった毛を太く本来の髪に戻したい方は、育毛になります。
生え際や頭頂部の毛が抜けてしまって、それを以前の状態に近づけていくのが発毛です。
抜けてしまった毛穴から自分の髪の毛を生やしたく、育毛剤を使われてもそれは、残っている髪の毛にしか効果はありません。
市販で売られているほとんどが育毛用になっています。ご自身で購入されているシャンプー、コンディショナー、育毛トニック、育毛剤などが育毛用に購入されていれば問題はありませんが、多くの方がそれらで毛が生えてくると思い込んでいます。
「育毛」と「発毛」の違いをここでもう一度しっかり確認しましょう。
曖昧な知識で購入されていると薄毛が改善されないどころか、薄毛が進行してしまったり、お金の浪費だけになっている可能性がありますので気をつけましょう。