KEARUS hair medical plus

薄毛でお悩みのお方は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus タバコが薄毛の原因?

タバコが薄毛の原因?

タバコが薄毛の原因?

タバコが薄毛の原因?

喫煙者の方がすべて薄毛になるわけではありません。しかし、喫煙者の方のほうが薄毛になるリスクは確実に上がります。

タバコには中毒性があり、なかなかやめることができない人は多くいます。今現在タバコを吸っている方はタバコを吸い続けることで薄毛のリスクが上がるということを知っていただきたいです。タバコが人体に何らかの害が及ぼすことは、吸う人吸わない人に限らず知っていることでしょう。
今現在、タバコを吸われていて抜け毛が気になる、生え際があがってきた、頭頂部が薄くなってきた、などの薄毛でお悩みの方は、禁煙をオススメします。
このままタバコを吸い続けることで、薄毛がどんどん進行していく可能性があるからです。薄毛の進行は少しずつになります。
その進行が少しずつのため、多くの方が禁煙できない理由でもあります。

進行がゆっくりだから禁煙できない?

進行がゆっくりだから禁煙できない?

例えば、夜寝て朝起きるとすべての毛が抜け落ちるということはほとんどありません。タバコを吸った直後に毛がすぐ抜けていくものでもありません。薄毛の進行が少しずつのため、喫煙者はタバコが原因で薄毛になっていることをあまり気にしていません。
喫煙者の多くが薄毛の原因がタバコではなく、他のものにあると転嫁しがちになります。まず、喫煙が薄毛を進行させているということをしっかり把握しましょう。

タバコを吸うことで薄毛になるのでしょう?

ではなぜ、タバコを吸うことで薄毛になるのでしょう?

①タバコを吸うと血管が収縮する

タバコに含まれるニコチンが体内の血管を収縮させ、血液の粘度をドロドロにし血流を低下させます。そのため末梢にある全身の細胞(頭皮も含む)に新鮮な酸素や栄養素届かなくなります。
頭は心臓より上にある末端部分になるため、血管が収縮することで髪を作る細胞に栄養が届かなくなることは容易に考えられるでしょう。

②髪に必要な栄養素の欠乏

タバコを吸うことで、髪に必要な栄養素まで失っているのをご存知でしょうか?タバコを1本吸うことでビタミンCが25mg(レモン約1個分)を消費してしまいます。成人男性のビタミンCの摂取目安は1日100mgとなっております。タバコを吸う方のビタミンCが足りていないのは、食事よりタバコで消費する方が多くなるためです。(※1日の目安は日本人の食事摂取基準より)

③ニコチンはストレスホルモンを増やす

タバコを吸うことで、一時的に頭がさえたりスッとすることがあるかもしれません。ニコチンには中毒性があり、タバコを吸うことで一時的に体内にニコチンが満たされます。それと同時に、アドレナリンが分泌されたり、ストレスホルモンが分泌されます。タバコを吸うことによって休息や睡眠が妨げられている可能性があります。睡眠やストレスを溜めないことは髪を成長させることには必要になります。


タバコと薄毛は親密な関係にあります。タバコには薄毛だけではなく、体にとって良いものではありません。薄毛のためだけでなく、自分の今後の健康のために禁煙を考えていきましょう。