KEARUS hair medical plus

薄毛でお悩みのお方は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus 薄毛になりやすい食事

薄毛になりやすい食事

ミノキシジル(Minoxidil)とは

薄毛でお悩みの方々、しっかり食事を摂っていますか?

薄毛が気になる方、薄毛が進行していると思う方、将来薄毛になるんじゃないかという不安の方、薄毛を改善したい方、普段の食事はどんなものを食べられているでしょうか?朝食は食べずにギリギリまで寝て仕事に向かう方、忙しくて食事をとれないときがある方、1日に3食プラス間食もしている方、人によっては食事の時間や回数は異なりますが、食事は摂るように意識をしましょう。まずは食べ物を食べないことには、栄養が補給・供給されません。食事がとれていない方に多いのが、体調不良、免疫力の低下、筋力の低下、エネルギーの生産不足、新陳代謝の低下、など体本来の機能が果たせないことによるさまざな不都合が体に生じてしまいます。食事がとれていないと思われる方は、まず食べるようにしましょう。

ミノキシジルの副作用

発毛効果はなんでも食べればいいというわけではない?

食事であれば何を食べてもいいという時代ではない。現代の食材は自分でしっかり選んで食べないと体によくないものまで食べていることもあります。コンビニ弁当やおにぎり、カップラーメン、ファーストフード、パン、などには添加物や保存料が使用されており、手軽に食事をとれるようになっていますが、体には不要なものまで摂ってしまっています。食べ物の中には、薄毛を進行に近づけていくもの、頭皮環境を良くない方向にもっていくものも含まれています。薄毛対策に食事は欠かせませんが、その食べるものはあなたが選んでいく必要があります。

ミノキシジルの内服薬Loniten(ロニテン)

控えたい食事

ラーメン、ハンバーガー、ピザ、唐揚げ、中華料理、などの脂っこい食事はできるだけ減らすようにしましょう。これらは皮脂の分泌を盛んにし、頭皮からの皮脂が増え毛穴が詰まる原因になったり、顔が皮脂でテカテカになったりします。

それ以外に控えたいのは、砂糖を多く含んだ清涼飲料水であったり、スナック菓子やチョコレートのお菓子やケーキ類も控えたいです。

ロニテンの副作用

積極的に摂りたい食べ物

控えたい食べ物は誰が見ても頭皮や髪だけでなく体にも悪そうなのが想像できるでしょう。では、積極的に摂りたい食事とはどんなものでしょうか?それは、日本食になります。ラーメンも日本食ではありますが、ここでいう日本食は昔からある一汁一菜のようなあっさりとしたものを選ぶと良いでしょう。ラーメン定食を食べるよりは、サバ定食や野菜炒め定食などのごはん・汁物・メイン・小鉢のようなものが栄養バランスからみても理想です。まずは、揚げ物や油っこものを控えてあっさりしたものから食べるようにしましょう。

ロニテンの入手方法

なぜ、薄毛には食事が大事なのか?

いいものを食べることが大事な理由としては、食べるもの(栄養素)が髪の栄養につながります。脂っこいものを食べると皮脂の分泌が増えるはもちろんですが、大事なのは、よいものを食べていないと髪の栄養不足になってしまいます。現代の食事では栄養素が減っており、自分で選んで髪への栄養素を摂っていく必要があります。薄毛の薬やサプリメントに頼りすぎるのではなく、まずあなたの食事を見直してみましょう。