KEARUS hair medical plus

薄毛治療は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus 壮年性脱毛症について

壮年性脱毛症について

壮年性脱毛症について

壮年性脱毛症について

 壮年性脱毛症は、脱毛症の中のひとつです。壮年性脱毛症の薄毛治療薬は?原因は一体何なのか?育毛剤で改善されるのか?AGAとどう症状が違うのか?などあまり詳しく知られていないのが、壮年性脱毛症になります。壮年性脱毛症も他の脱毛症と同じで、病気の1種類であり、正しい原因を知ることや改善方法を知っているか知らないかで大きく今後が変わってくるでしょう。現在、インターネットやSNSで事実ではないことや間違ったものまで情報としてあふれています。ここでは、正しい知識をお伝えしようと、最新のクリニックでの薄毛治療薬、改善方法、また自分でできる方法などをご紹介しています。

壮年性脱毛症とAGAは違うのか?

壮年性脱毛症とAGAは違うのか?

 壮年性脱毛症とAGAの違いをご存知でしょうか?実は壮年性脱毛症とAGAは同じ原因になっています。ではなぜ呼び方が変わってくるのでしょう。AGAと壮年性脱毛症で大きく異なるのが、その脱毛症にかかる年齢です。AGAは比較的早い段階の10代後半や20代前半〜30代にかけてが多くなっています。壮年性脱毛症は40代以上で50代や60代が中心になってきています。男性の薄毛の原因のほとんどがAGAによるものの理由としては、壮年性脱毛症もこれらに含まれていることが多いためです。このAGAと壮年性脱毛症で薄毛男性の2/3ほどを占めるような割合になっています。

壮年性脱毛症でもプロペシア?

壮年性脱毛症でもプロペシア?

 壮年性脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)とは呼び名が異なります。しかし、壮年性脱毛症であってもAGAの場合と同じく、プロペシアの処方がクリニック、AGA専門クリニック、皮膚科等では一般的になっています。その理由としては、AGAも壮年性脱毛症も脱毛の原因が男性ホルモンによることが大きいためです。そのためこれらの脱毛症では、男性ホルモンを抑制させるといった意味で薄毛治療薬(服用タイプ)プロペシアが処方されています。プロペシアも毛が脱落して何十年も経ってしまった毛穴からは再生が難しくなっています。毛根が再生する力が弱くなっており、プロペシアだけでは改善されない場合はその他の治療薬も併用といったことが出てくるでしょう。

薄毛治療薬=プロペシア?

壮年性脱毛症でも気をつけたいタバコ

 タバコを吸うことで毛細血管が収縮します。その結果、髪への栄養が断たれ、老廃物も頭皮に残った状態になります。さらに、タバコを1本吸うことでレモン1つ分のビタミンCが消費されてしまいます。そのため、タバコを吸う方は吸わない方に比べると体内のビタミンCが欠乏しやすくなっています。タバコは髪だけでなく体の様々なところにも影響を及ぼしてしまうので、薄毛改善を機会に禁煙を試みるのもいいのかもしれません。