KEARUS hair medical plus

薄毛治療は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus 酸性雨と薄毛の深い関係性

酸性雨と薄毛の深い関係性

酸性雨で薄毛になるのはウソ?本当?

酸性雨で薄毛になるのはウソ?本当?

 酸性雨で薄毛になると過去に聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?日本全国からすると浜松は比較的晴天の多いエリアになりますが、それでも梅雨の時期はまとまった雨が降ります。
 梅雨の時期意外にもよく言われる「酸性雨」について詳しくみていきます。
 まず、みなさんには酸性雨がどのようなものなのかをしっかり確認していただきます。
 なんとなく「酸性雨=良くない」ではなく、なぜ酸性雨が良くないといわれるのかをこちらをご参考いただければと思います。

酸性雨ってそもそも何?

酸性雨ってそもそも何?

 酸性雨とは、二酸化硫黄、窒素酸化物などを含む酸性物質が雨・雪・霧などに溶け込み地上に降り注ぐ現象である。地球環境問題のひとつとしても取り上げられることもあり、酸性雨は酸性の性質が強く、金属・塗装・外壁・コンクリートなどを腐食腐敗につながります。
 さらに森林に降り注ぐと木々は枯れ、土壌も汚染され砂漠化にもつながっています。酸性雨の原因は火力発電や石油コンビナートの施設や自動車やバイクの燃料も関係しています。
 化石燃料や天然ガスが燃焼する際に発生する化学物質が空気中に溶け込み雨として地上に降り注いでいます。それがあなたの頭皮や髪に付着していると考えると良くないと想像される方が多いのは自然なことでしょう。

薄毛と酸性雨の関係性

薄毛と酸性雨の関係性

 酸性雨にあたると薄毛になる?そんなことが言われることもあります。みなさんのなんとなくの知識「酸性雨=薄毛になる」この疑問に関しては、しっかりとした解明がされておらず、酸性雨のみで薄毛になるといった根拠やエビデンスもありません。
 そのため結論からお伝えすると、「酸性雨のみで薄毛になるといったこと」は、誤った情報のひとつになるのかもしれません。先ほど上記でお伝えした、酸性物質が地表や土壌に降り注ぐことでさまざな影響が生じており、その物質が髪や頭皮に付着することが良くないことは誰でも用意に想像できるでしょう。
 正確な関係性は不明ですが、できれば傘やカッパを使用し酸性雨にも気をつけれると良さそうです。

酸性雨よりも気にするべきこと

酸性雨よりも気にするべきこと

 雨の成分や性質が酸性であるより、雨に関してはさらに気にするべきことがあります。
 雨により頭皮や髪が濡れてしまうことが髪と頭皮にはダメージとなっています。髪が濡れている状態では、水分を含んで膨張しておりとてもダメージを受けやすい状態(切れ毛、枝毛、ごわつきなど)になっています。
 頭皮が濡れることにより頭皮の温度が下がり血行不良を招く可能性があります。頭の血行が悪くなると髪の成長に必要な栄養や酸素などが行き届きにくい状態につながります。雨で頭皮や髪が濡れてしまった場合は、すばやくタオルかなにかで拭きとれると良いでしょう。
 これは入浴後やシャワー後も同じことが言えるため、自然乾燥ではなくタオルドライを行った後、ドライヤーで乾かすようにしましょう。
 今回のように浜松KEARUS Hair Medical Plusに来られている方の中からご質問をいただいた内容について、口頭でお伝えする以外にも文章でもお伝えしておりますので他の薄毛に関する記事もご参考ください。