KEARUS hair medical plus

発毛は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus プロペシアとは?

プロペシアとは?

薄毛治療薬=プロペシア?

薄毛治療薬=プロペシア?

薄毛治療でAGAクリニック、薄毛治療専門クリニック、皮膚科などで薄毛の治療薬としてプロペシアを処方された方はいらっしゃるのではないでしょうか?または、クリニックや皮膚科へはまだ行っていなくとも、ご自身で薄毛の治療薬にどういったものがあるのか、または、副作用があるのかなど調べられたことがあるのではないでしょうか?薄毛に悩んでいる方で、さまざな情報を収集していると「プロペシア」という薄毛治療薬を目にすることが多いはずです。薄毛治療薬には、プロペシア以外にも種類がありますので、「薄毛治療薬=プロペシア」と勘違いだけはしないようにしましょう。

プロペシアってそもそも何?

プロペシアってそもそも何?

プロペシアとは、他の清涼飲料水やお米などの商品の名前と同じで日本における薬の名前になっています。プロペシアが薬の成分の名前ではなく、プロペシアに含まれている薄毛治療の成分は「フィナステリド」というものです。プロペシアとは、MSD社(万有製薬)がつけた製品名になります。プロペシアの特許が2015年以降切れたため、現在では後発のジェネリック医薬品で名前の異なるものや少し安価なものがでてきています。AGA専門クリニック、薄毛治療専門クリニックなどでは、こういった安価でプロペシアと同等の成分が含まれたものを処方するように変わってきているところもあります。

プロペシアの効果は?

プロペシアの効果は?

プロペシアの成分のフィナステリドには、アンドロゲンを抑制する作用があります。5αリダクターゼと呼ばれる酵素を阻害し、テストステロンと合成することでジヒドロテストステロンに転換されますがその転換も抑制する作用があります。フィナステリドは元から薄毛のために製薬されたものではなく、前立腺肥大に対して作用させるものでした。前立腺肥大の患者よりフィナステリドを低用量に変更され、男性型脱毛症(AGA)の治療薬として用いられるようになりました。

プロペシアは万能薬なのか?

プロペシアは万能薬なのか?

ここで知っておきたいことは、プロペシアが万能薬ではないということです。というのもプロペシアで改善される薄毛は限られています。プロペシアで改善される脱毛症は男性型脱毛症(AGA)のみになります。その他の円形脱毛症、壮年性脱毛症、びまん性脱毛症などにはしっかりとした効果が証明されていません。そのため未成年や女性はプロペシアが服用できないようになっています。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアも他の薬と同様に副作用があります。薬には必ず副作用があるため服用を開始するにはそれらのリスクをしっかり知っておく必要があります。薬とサプリメントが大きく異なるのが、副作用のところです。副作用で良く知られているのが、性欲減退、勃起機能不全、精液減少、射精障害、肝機能障害、胃の不快感、などが主に挙げられます。さらに、あまり知られていませんがプロペシアをやめるとまた薄毛は進行します。人によっては、服用する前より薄毛になってしまうこともあります。そこから再度服用を再開してもまた生えてくるかは不明です。

最後に

最後に

薄毛治療でプロペシアを服用されている方やこれから服用を考えている方は効果や副作用などをしっかり把握してから服用するかを決めましょう。結婚されている方でこれから子供を作ろうと考えている方には、あまりオススメできないかもしれません。最後に重要なことなのでもう一度お伝えしますが、プロペシアはすべての薄毛に効果があるのではありません。男性型脱毛症(AGA)のみになりますので、それ以外の脱毛症の方は他の方法に頼らざるを得ません。