KEARUS hair medical plus

薄毛治療は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus 女性の薄毛の悩み

女性の薄毛の悩み

女性の薄毛人口の増加

女性の薄毛人口の増加

 近年、薄毛に悩むのは男性だけではありません。早い方で20代からの薄毛に悩む女性が増えてきています。以前は薄毛=男性のイメージが強かったかもしれませんが、女性の薄毛も深刻化してきています。成人男性の薄毛に悩む人は、4人に1人ともいわれる時代です。女性はこの数字にはまだ遠いですが、10人に1人や2人は悩んでいる方がいらっしゃいます。では、なぜ近年女性で薄毛に悩む人が増えてきているのかを見ていきましょう。

女性に多い過度のヘアーケア

女性に多い過度のヘアーケア

 女性の薄毛が近年増加している理由のひとつに、過度のヘアーケアがあります。女性は男性より、「美に対しての意識」が高い方が多く、若々しい髪質を保つためにシャンプーやトリートメントはもちろん、美容院でのカラーやパーマ、日々のドライヤー、アイロン、カールを続けている方がいらっしゃいます。これらは、髪をきれいに魅せるためには必要なことです。しかし、それらが過度のケアになり、髪だけでなく頭皮にも影響を与えている可能性があります。

美容院でのカラーのし過ぎは禁物

美容院でのカラーのし過ぎは禁物

 毎月カラーを美容院でしているという女性、市販のもので済ましている方、カラーだけでなくパーマも頻繁に行っている方は、髪だけでなく頭皮を痛めている可能性が高いです。
 カラーやパーマを行っている際に、頭皮がヒリヒリしたり、かゆくなったり、目にツンとする痛みを感じたことがある方は多いのではないでしょうか?
 カラー剤、脱色剤、パーマ液は髪だけでなく、あなたの頭皮に付着して頭皮を痛めています。その直後にすぐ抜け毛や、脱毛症につながることは少ないですが、その積み重ねが確実に頭皮と髪を傷めています。

日々のドライヤー・アイロン・カールドライヤー

日々のドライヤー・アイロン・カールドライヤー

 これらは、女性であれば日々使用されているでしょう。男性より髪の長い女性は入浴後、朝のスタイリングの際にこれらを使用されています。これらは頭皮ではなく、髪に直接ダメージを与えています。髪へ熱風を当てるドライヤーはもちろん、高温のアイロンで髪をはさんだり、巻いたりすることで髪の水分が抜け、タンパク質が変性してしまいます。日々のケアが髪の枝毛、切れ毛、パサつきなどの原因になっているかもしれません。

ダイエットによる薄毛

ダイエットによる薄毛

 女性であれば、過去に1度や2度ぐらいはダイエットをされたご経験があるのではないでようか?ダイエットがなぜ薄毛とつながっているのでしょう。女性がダイエットを行うことで、髪に必要なたんぱく質・ビタミン・ミネラルが不足します。
 それだけでなく、体のホルモンバランスも崩れてしまいます。ダイエットをすることで月経が遅れるというのは、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れることや食事内容で、薄毛につながるのは誰もがよく考えればわかることでしょう。

仕事量の増加

仕事量の増加

 今やもう男性だけの職場というのは、限られた業種を除いては減ってきています。女性も社会へ出て男性同様に仕事をされる方が増えています。女性の仕事量も増え、女性の管理職や経営者も増えてきています。
 女性が仕事を真剣に取り組むことで晩婚化も問題されていますが、薄毛に関してお伝えすると仕事に対する責任やストレスが増加しています。睡眠不足、ストレスは薄毛の原因に直結してきます。
 
 女性の薄毛のこれ以外にも数多くあります。女性の場合、髪にハリ・コシがなくなってきた、髪が細くなってきた、生え際が薄くなってきた、分け目が目立つようになってきた、頭皮が透けてみえてしまう、といったように男性の薄毛より進行が緩やかで男性のようにかなり目立ってしまうという方が多くなっております。その変化が薄毛の進行になります。
 薄毛の認識の違いは人により異なりますが、女性の薄毛に悩む方のほとんどが他人が気づかないが自分では気になってしまうといったものです。もちろん女性もそのままケアをしなければ薄毛が進行していきます。女性の薄毛も、早い段階から対処することで男性と同様に改善がされやすくなっています。女性で髪に変化が出てきたという方は、当店(浜松AGA・薄毛・発毛・育毛専門KEARUS)や他の機関でご相談されることをお勧めいたします。