KEARUS hair medical plus

AGAでお悩みのお方は静岡県・浜松市のKEARUS hair medical plus AGAの原因

AGAの原因

AGAの原因

AGAの原因

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症の意味です。
薄毛に悩んでいる男性の多くが、このAGAに該当すると言われています。
AGAの主な原因としては、思春期を過ぎたあたりから、成長ホルモンと同じように分泌される男性ホルモンの影響が関係しています。
では、AGAの原因である男性ホルモンが髪にどのような影響を与えているのかを見てみましょう。
AGAに関係している男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが存在します。
このDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の成長する期間を短くしたり、毛を細くしたりする物質のひとつだとされています。
この男性ホルモンが毛穴に悪影響を与え、髪の本来あるべきヘアーサイクルが短期間になったり乱れたりすることで薄毛になると言われています。

AGAによる薄毛を改善

AGAによる薄毛を改善していくには、このDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制していく必要があります。
このDHT(ジヒドロテストステロン)の抑制方法が人によって異なってきます。発毛させるには、このDHT(ジヒドロテストステロン)がどういった理由で過剰分泌しているのかをお客様と一緒に原因の追究をしていきます。
発毛が難しいのは、みなさんがすべて同じ方法で改善するとは決まっておりません。薄毛の原因がDHT(ジヒドロテストステロン)によるAGAであっても、1人1人改善方法が異なります。
DHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を過剰にしている原因を見つけるまでは、薬や発毛剤で一時的に改善されても、またすぐに戻ってしまうことが多いです。

薄毛の原因

根本的な原因を薄毛の本人が知ることにより、短期的な発毛でなく、発毛した毛を長期的に保つことが可能となっております。
当店にお越しいただく方のほとんどがAGAの原因がDHT(ジヒドロテストステロン)によるものだとご存知です。
しかし、なぜDHT(ジヒドロテストステロン)が過剰に分泌されているのかをご存知ではないことが多いです。
クリニックやAGAの医療機関では、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するためのお薬を処方しますが、これはあくまでもお薬を飲んでいる間の一時的な抑制しか期待できません。
お薬を飲まなくなると、すぐにDHT(ジヒドロテストステロン)の過剰分泌が始まるのかと不安でお薬をやめられない方がとても多いです。

お薬にできるだけ頼らない方法で発毛

当店では、お薬にできるだけ頼らない方法で発毛に導くため、1人1人の原因追究に努めて発毛を行っていきます。
AGAを改善するには、DHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を一時的に抑制するだけでなく、過剰分泌の原因を判明させることで発毛後もDHT(ジヒドロテストステロン)を産生しにくいような対策(ご自身のケア)がご提案できております。
その他のAGAの情報もご覧ください。